HSP・人付き合いの基準

久しぶりに、娘の学校で出会った友人と長電話をしました。

心が軽くなって、癒やされました。

共感してくれる相手がいるって幸せです。

 

人付き合いの基準について、HSPの私が思うこと

 「いつも笑顔で人当たりが良く、誰とでも気軽に話せる」

よく言われる私の印象。

いつも周囲にめいっぱい気を遣っていたので、そう思われたのかもしれません。

感じた悪意や嫌味も気が付かないふりをして、笑顔でいたからかもしれません。

全く共感できない話でも、意見が違っても、「違う」と言う面倒を避けてきたからかもしれません。

 

作り笑顔でその場をやり過ごして、いつも疲れていました。

 

f:id:jibun_iyashi:20210618140412j:plain

カモミールはお花もお茶も大好き

 

今の私が人づきあいの基準としていることは、シンプルで簡単。

 

★自分が無理せずにいられる人とだけ連絡を取る。
★思っていることを偽らずに言える人とだけ話す。
★嫌な思い出がフラッシュバックする人とは会わない。

 

 

 人間関係をシンプルにするきっかけはコロナ禍


最初に緊急事態宣言が出た時は、布団に入ると急に不安になって眠ることもできませんでした。

もし今、誰かに会うことが許されるとしたら、誰にい会いたい?
もし入院して覚悟を決めたときに、手紙を書けるとしたら誰に書く?

そんな事ばかり考えていましたが、思い浮かぶ人は、そんなに多くいませんでした。

HSPの皆さん、同じような経験はおありでしょうか?

 

 

それと同時に、 娘たちが成長して、学校という場所から離れたことも大きく影響しました。
私にとって、子どもの学校での人間関係は、ストレスが大きかった……。

でも、必ず終わりは来るんですね。

 

 

私は……私の世代は、かな?
人間関係に限らず、仕事や学校など全てにおいて

「嫌な事が全くない世界なんてない」

「みんな、我慢して頑張っている」

( みんなって誰?)

「忍耐・努力・根性」と言われてきました。

 

でも、時代は変わった!

自分が楽な方を選んで生きていこうと思います

 

そして…… 

ストレスだらけの役員を引き受けたからこそ、出会えた友人たち。

その出会いは、私の人生の宝です

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

ランキングに参加中 ♪
くまこ ↓ をポチっとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
フォローお待ちしております ♪
自分暮らし・癒やし時間 - にほんブログ村

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*