MENU

そろそろオーブンの季節

涼しさを感じるようになって、久しぶりにオーブンを使ったお菓子を作りました。

りんごのヨーグルトポムポム・hareさんレシピ

実家からもらった立派なりんご2つ。

そのまま食べるか、お菓子にするか。
家族は「久しぶりにお菓子がいい」とのこと。

 

はてなブロガー hareさんのレシピ「りんごのヨーグルトポムポム」を作ってみました。

harehappy.hatenablog.com

レシピはhareさんリンクを参考にしてくださいね。

材料がヘルシー
りんご、卵、ヨーグルト、サラダ油、シナモン、レモン汁

家にある材料で作れます。
我が家はポッカレモンを常備♪

オーブンの温度を途中で下げるって?

レシピでは「200℃に温めたオーブンで30分焼き、その後180℃に下げて15分~20分焼く」と書いてありました。

そんな技があったのね!
取説を開いてみたけれど載ってなかったので・・・

30分+20分=50分

200℃に予熱したオーブンを50分に設定。
30分過ぎたところで、適当にオーブン温度設定の下げるボタンを押してみたら・・・
180℃に下げることが出来ました。

焼きあがった「りんごのヨーグルトポムポム」

ネットでも調べたけれど、メーカーによって方法は違うようです。

多分ですが・・・オーブン料理って、大失敗することってあんまりないので。
温度が下がらなかったら、一旦庫内を冷やして焼きなおしても大丈夫だと思います。

オーブンで作ったあれこれ

「りんごのヨーグルトポムポム」

かすかなシナモンの風味と、レモン&ヨーグルトの酸味でサッパリした美味しさ。
家族にも好評でした。

 

「りんごのマフィン」

我が家の定番・りんごのマフィン(なかしましほさんレシピ)も作りました。
マフィンは冷凍して娘1号の朝食にします。

 

「ミートローフ」

冷凍庫の合い挽き肉で作ったミートローフは、タサン志麻さんのレシピ。
パン粉は使わず、6枚切り食パン1枚を使います。

日頃、パン粉を使わないので、ハンバーグを作るたびに余るパン粉が気になっていました。

今まで何度か作ったミートローフのどれよりも「ふわふわ」にできました。
ソースを2回に分けて表面に塗ることで、味がしっかりつきます。

角を切り取って食べちゃった後・・・

玉ねぎをレンチンするレシピでしたが、玉ねぎは炒めて小さく刻んだエノキも加えています。

 

次の日のお弁当のおかずにもなりました。

寒くなるとオーブンを使いたくなる

肌寒い日、オーブンを使うだけで部屋が温まります。
部屋いっぱいに広がるお菓子の甘い匂いは、気持ちも温めてくれます。

手作りのお菓子のいいところは、自分で甘さの調節ができるところ。
市販の甘すぎるお菓子が苦手な娘も、手作りは喜んで食べてくれます。

なによりも。
食べたときにホッとするのがいいですね。

お店で売ってるようなケーキでは決してありませんが、お家でしか味わえないケーキってのもありますよね?

どこかホッとするような懐かしいそんな味のケーキです。

簡単!混ぜて焼くだけケーキ!泡立てない!小麦粉ふるわない!りんごのヨーグルトポムポムレシピ - 美味しくてHappyな毎日より。

 

++ ランキングに参加中 ++
くまこ ↓をポチっとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村フォローお待ちしております ♪
自分暮らし・癒やし時間 - にほんブログ村